東映京都撮影所内
VR/MR/ARカンファレンス

オンライン受講可能

VRイノベーションアカデミー京都
AR/VR専門家育成フルプログラム

就職・転職・スキルUPに
AR/VR専門家・起業家 育成スクール

10月生 応募受付開始!

早期割引キャンペーン中

オンライン受講可能

VR/MR/ARカンファレンス
東映京都撮影所内

就職・転職・スキルUPに
AR/VR専門家・起業家
育成スクール

VRイノベーションアカデミー京都
AR/VR専門家育成フルプログラム

10月生応募受付開始!

早期割引キャンペーン中

10月期(10/11~3/31)の受講お申し込み受付スタート

今なら110,000円OFF

スキルに応じた特待入学割引あり

AR/VR専門家・起業家育成フルプログラム 1,100,000円 ⇒ 990,000円 110,000円お得

お申し込み締め切り:
2月28日まで

未来の技術を手に入れる学校
AR/VR専門家育成フルプログラムとは?

世界基準のカリキュラムと実践的なトレーニングで
AR/VRを徹底的に学べるスクール

EON Reality社がAR/VR分野での20年間の経験に基づき開発した、拡張可能なAR/VR開発プロセスの全分野を網羅している、世界基準のカリキュラムを使用した専門家育成のためのスクールです。

カリキュラムは多くの有名大学や一流学術機関・学校で使用されており、エクソンモービル、グラクソ・スミスクライン、ジェネラル・エレクトリックのような大手企業向けのARおよびVRの開発で使用されるプロセスと方法論も含まれます。

今、AR/VR専門家スキルを身に付ける3つのメリット

01

AR/VRエンジニア求人需要

2019年 米国において
前年比 1,400up!

出典:VentureBeat (2020/2/11 付)
https://venturebeat.com/2020/02/11/hired-ar-vr-engineers-replace-blockchain-programmers-as-a-hot-commodity/

02

国内VRエンジニアの年収

ゲーム開発者の媒体別の比較
平均 100万円 高い!

出典:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CEDEC 2014~2019)
http://cedec.cesa.or.jp/2019/outline/enquete.html

03

産業分野でのAR/VR市場

世界市場予測2019年~2024年の成長率
年間平均 54up!
出典:IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社
Worldwide Spending on Augmented and Virtual Reality Forecast (2020/11/17付)

市場急上昇の裏で、先端ITエンジニアが不足し人材価値はますます高まっていきます。
VRイノベーションアカデミー京都は、その人材ニーズに応えるための学校であり、
すべての分野に精通するAR/VRエキスパートを育成するための最先端のスクールです。

ゲーム・アニメだけじゃない!AR/VRは様々な分野で活用

製造、産業、医療・ヘルスケア、エネルギー、航空・宇宙開発など
世界では多岐にわたりAR/VRを導入

世界のAR/VR市場で高い伸びが期待されている分野は金融(CAGR※は133.9%)とインフラ(同122.8%)で、製造や公共がこれに続きます。

企業での訓練・研修でAR/VRを活用したり、製造業の組み立てや公共分野(水道・ガスなど)の工事作業をARで支援したりという用途が伸びるとみられています。このような企業での利用が支出額の伸びを牽引し、現在人気のゲームや映像鑑賞など、一般消費者利用(CAGR52.2%)よりも多く活用されるようになることが見込まれています。

※CAGR…2018年から2023年にかけての年間平均成長率( Compound Annual Growth Rate)―Worldwide Semiannual Augmented and Virtual Reality Spending Guide 2018H2,IDC Japanより

AR/VRとは?

AR(Augmented Reality:拡張現実)

現実世界にCGなどで作るデジタル情報を重ねる技術です。VRと違い、ARはあくまで「現実世界が主体」で、場所・空間に依存する技術です。

VR(Virtual Reality:仮想現実)

ディスプレイに映し出された、CGや360度写真や動画などの「仮想世界」に、自分が実際にいるような没入感のある体験ができる技術です。

VRイノベーションアカデミー京都を選ぶ
3つの理由

世界で活躍するAR/VRエキスパートから
AR/VRの最先端技術を学べるスクール

01

VRイノベーションアカデミーのトレーニングスタッフには、業界で最も有名なエキスパートが集まっています。当スクールは産業、教育、エンターテインメント、どの業界で働きたいかに関わらず、AR(拡張現実)およびVR(仮想現実)のトレーニングの分野でのベストを学ぶことができる学校です。

MARCIN KASICA

TRAINING DIRECTOR
機械エンジニアおよびグローバル教育とトレーニングのディレクター

ADAM BLADOWSKI

TRAINING COORDINATOR
ゲーム開発者、3Dコンピュータグラフィックスの専門家、グローバルトレーニングコーディネーター

JAMIE JUSTICE

TRAINING
芸術と教育のマスターであり、米国の教育とグローバルイノベーションのディレクター

VRイノベーションアカデミーには他にもたくさんのエキスパートがいます。
VRイノベーションアカデミー京都では、その中から講義内容に応じて講師をバトンタッチしながら、
逐次通訳をしながらリモートで講義を行う予定です。
お楽しみに!

全産業分野に通ずるAR/VRの
エキスパートになれる

02

AR/VR開発20年の経験に基づく世界基準のスクールカリキュラム

▼ VRイノベーションアカデミー京都がカバーするカリキュラムの範囲

EON Reality社がAR/VR分野での20年間の経験に基づき開発した、拡張可能なAR/VR開発プロセスの全分野を網羅している世界基準のカリキュラムを使用します。

カリキュラムは多くの有名大学や一流学術機関・学校で使用されており、エクソンモービル、グラクソ・スミスクライン、ジェネラル・エレクトリックのような大手企業向けのARおよびVRの開発で使用されるプロセスと方法論も含まれます。

ジェネラリストのスキルも学べるため、他の学校やスクールよりも体系的・総合的な学習が可能です。

就職サポートも充実!
卒業後の活躍も親身にサポート!

03

クロスリアリティのグループ会社・株式会社エスユーエスによる就職サポート体制

人材育成のプロフェッショナル「株式会社エスユーエス」のグループ全面支援で、学校卒業後の就職までサポートさせていただきます。

皆様それぞれの将来設計に寄り添って相談をお受けします。

カリキュラム

1学期
どの分野にも精通するAR/VRの幅広い基礎知識を最初の3ヵ月で凝縮して学びます

AR/VR概論&プロジェクト管理

立体視の仕組み/三次元像の作られ方
世界のさまざまな市場におけるVRとARの役割
プロジェクトマネジメント5つのプロセス
ウォーターフォールとアジャイルの長所と短所

3Dモデリング制作

3ds max等を用いた3Dモデリング・アセット制作
テクスチャマッピングのポイント・ポリゴンの最適化方法

アニメーション&リギング

インタラクティブアプリにおけるアニメーションの役割
リギング・キーフレームアニメーションのテクニック

Unityプログラミング

Unityを使ったインタラクティブなコンテンツ開発
ライティング、パーティクル、エフェクトの作成

インタラクティブコンテンツ開発​

C#を使ったスクリプティングとプログラミングの技術
スクリプティングのベストプラクティス

モバイルアプリケーション開発

デプロイにおけるAndroid Studioや Xcodeなどの役割
モバイル向けに最適化されたプログラミング
ユーザーインターフェースの作成

ヘッドマウントディスプレイ

ViveやQuest、Hololens2やMagic Leap等のデバイス使用
HMD開発環境構築とアプリ体験のコンセプト設計

没入型立体投影システム

没入型立体投影システムの特徴、没入の最適化
トラッキングシステムの動作とリアルタイムデータ収集

EON-XRコンテンツの開発管理

教育における AR・ VRの活用の概要
知識移転における ARと VRのキーコンセプトの分析

前期の評定点は各トレーニングモジュールを正常に完了し、必要な課題を提出すると、 1モジュールあたり2単位が付与されます。全モジュール合計で32単位、ステージ1認定のために推奨される最低合格基準は24単位です。

基礎知識を学びながら自分の適した職種・役割・スキルを探す

まずはAR/VRに関する基礎知識を学び、2学期の学習に向けて次の3つの分野からいずれかを役割として指定されます。

  • プロジェクトマネージャー
  • 2D/3Dアーティスト
  • 開発者/インタラクションプログラマー

その後、5〜9名程度の少人数プロジェクトチームを編成し、さらに学習に磨きをかけます。

2学期
仕上げの3ヵ月、プロジェクトベースの実践的な学習

創造的なワークショップ

さらなる演習のために、受講生はイノベーションとプロダクトの開発方法に関連するワークショップに参加します。

ポートフォリオ構築

この段階で実施される演習は、受講生が価値ある作品を自身のポートフォリオに追加できるようにします。

プロジェクト

実在するプロジェクト開発に関わることにより、受講生は貴重な実務経験と応用学習に触れることができます。

産業の認知度UP

この段階で、受講生は学内外の両方で業界をよりよく理解し、産業ネットワークを構築することができます。

EON-XRプラットフォーム

受講生にとって刺激的で革新的な教育指向のプラットフォームで、コンテンツの作成に参加する機会があります。

評定点は、プロジェクトの完了:50%、成果発表プレゼンテーション:30%、プロジェクト管理計画やドキュメント作成:20%の割合で評価されます。①プレゼンテーション内容が所定の項目を網羅しているか、②正しいプロセスや手順で分析が実施されているか、③分析結果について、正しい解釈や論理的な考察が展開できているかを総合的に判断し、採点します。

得られる認定

VRイノベーションアカデミーの最終段階では、学校のカリキュラム内で世界的に認められているさまざまな産業分野の組織のAR/VRアプリケーション開発に取り組む機会があります。

このプロジェクトベースの学習は、あなた自身のキャリアの確立(転職や起業など)、ポートフォリオの強化、専門家ネットワークの構築をサポートします。

フルカリキュラムでの評価および内部試験プロセスを経て、修了した受講生にはEON Reality認定が授与されます。

全国どこからでもオンラインで受講ができます

通学が必要な通常の専門学校やスクールと違い、
京都太秦のハイスペックPCを利用した教室受講 or ご自身のPCでオンライン受講、その日のご都合に合わせてハイブリッドな受講も可能です

世界基準のカリキュラムが自宅でも受講できるサポート体制

Slackでサポート

講師と受講生皆様とのコミュニケーションツールにSlackを利用しますので、授業時以外でもQ&A等が可能です。

授業のライブ配信とアーカイブ

講義はリアルタイム録画され、授業中、授業後のどちらでもご視聴いただけます。復習時や欠席時に活用ください。

PC環境サポート

ご自宅等、教室以外での受講時のPCスペック要件はこちら。ご質問や不明点はお気軽にお問い合わせください。

英語の逐次通訳

講師は世界各国のAR/VR専門家および現役開発者。弊社スタッフによる逐次通訳もありますが、英語の勉強にも役立ちます。

教室以外で受講時のPCスペック要件

要件必須条件推奨条件
OSWindows 10
(MacOSはBootCamp等が必要となるためサポート外)
CPUインテル Core i5インテル Core i7~
メモリ8GB32GB
ハードディスク空き容量300 GB, HDDまたはSSD1TB, HDDまたはSSD推奨
グラフィックカードNVIDIA GTX 670(with 2GB RAM)~GTX 970NVIDIA GeForce RTX 2070
モニター解像度:1920×1080解像度:1920×1080
デュアルディスプレイ
周辺機器マイク・ウェブカメラマイク・ウェブカメラ(HD推奨)

受講生インタビュー

AR/VR専門家・起業家育成フルプログラム 第1期生
室橋さん

今回、「VRイノベーションアカデミー京都」の研修に参加した感想を教えてください。

実際受講してみて、自分自身の知識や経験が足りなかったり、ソフトの操作に慣れていなかったりで大変でした。講義が終わった後も自分で繰り返し習ったことを試してみるなど、なんとか追いつけるように努力もしましたね。

実際やっているときは「大変だな」と感じることが多かったですが、今こうして振り返ったときに当時苦手だったことをもう1回やりたいと思えたりもします。そんなときに『投げ出さずにチャレンジしてよかったな』と思えるようになりました。

初めての分野への挑戦でもちろん簡単なことではなかったと思いますが、そういった経験が大きな成長に繋がったのですね。

私はもともとゲームやアプリ開発などもしたことがなかったのですが、「VRイノベーションアカデミー京都」で3Dモデリングを学び、自分でゼロからイチへ形にしていくことの楽しさを実感しました。最初こそ「本当に苦手…」と思ったこともありましたけど(笑)。しかし、モデルの作り方、その際の考え方などを教えてもらい、理解するのに時間はかかりましたが今では「もっとやりたいな」と思えるようになりました。あのとき逃げ出さず最後までやり切った自分を褒めてあげたいと思います(笑)。

卒業生の声

簡単なモデリングとテクスチャ貼り付け、アニメーション作成については今回の授業で大分できるようになったと感じる。さらに細かいモデリングや簡単なリギングの仕方などはこれからも調べて学んでいきたいと感じた。

マッピングに関する内容は重要にも関わらず、記載している市販の参考書があまりないので、とても勉強になり楽しかったです。

モデリングへの苦手意識がなくなりました。大変参考になりました。

アニメーションで実際に3Dモデルを動かせたときに達成感があった。一度のプランニングではまず上手くいかないので試行錯誤していくことが楽しかった。

布の表現や回転といったアニメーション付けなどが楽しかった。
シューティングゲームがなかなかうまくできなかったが、復習とアドバイスを受けて完成した時は自分でゲームが作れたことに感動しました。

Unityでの簡単なアニメーション作成、オブジェクト作成、シーン作成、Scriptを利用したゲームシーン作成ができるようになった。

各種エミュレーターを使用したUnityと外部ツールを接続させる操作について、学習する事が出来てよかった。また、HMDの概要や機能、様々な機種についてのスライドを使っての講義が、業務でHMDを使用する際の参考になりとても勉強になった。

Unity上で自分の作成した設定、スクリプトが思っている通りに動作すると学びを実感できた。
また、理解を深めるために受講時間外で個人的にUnityでのアプリ開発を行っていたのだが、講義の内容をタイムリーにインプット・アウトプットする機会となっていたので良きサイクルとなっていた。

わかりにくかった部分を後からフォローして下さるのがとても助かります。また、聞き逃した部分はYoutubeでもすぐに見返せるのも良いと思います。

モデリング全て楽しかった。最初は操作が分からずついていけなかったこともあったが、次第に基本の操作ができるようになり新しくできることが増えて行って楽しく学習できた。

VRイノベーションアカデミー京都
太秦・東映京都撮影所内の教室

ソーシャルディスタンスを考慮した定員数の縮小や撮影所正門でのサーモグラフィによる検温など
新型コロナ対策も万全に整え、学校での受講時も皆様が安全に受講できるよう準備しております。

ショールーム

最先端のVR設備を体感できる施設
最新のAR/VRデバイス機器も入荷しており、受講生の皆様のデモ体験も可能です。

食堂

東映撮影所の社員食堂が利用可能。
安価で美味しい定食(290円)が人気です♪

プログラム概要

期間2021年10月11日(月)~2022年3月31日(木)
日時平日(月~金)※土日祝日は講義なし
10:00 ~ 16:30(4セッション。各セッション間およびランチ休憩含む)
場所

オンライン受講または現地受講
・オンライン受講方法:別途ご案内
・現地受講会場:VRIA京都
(京都市右京区太秦西蜂岡町9東映京都撮影所内 / Tel:075-862-1806)
※アクセスはこちら

・グループ会社の東京、名古屋、大阪拠点の会場利用も検討中です。ご関心のある方はお問い合わせ下さい。

必須出席率80%

短期集中でリーズナブルなカリキュラム

全プログラム&コース1回あたりの授業料比較では、フルプログラムが一番リーズナブルになります。

VRイノベーションアカデミー京都のAR/VR専門家育成フルプログラムは平日毎日授業を行なうため、AR/VR専門家を半年という短期間で輩出。週1開催のスクールと比較すると5倍速のスピードで学べます。

例えるなら車の「合宿免許」のように、短期間で密度の高いスキル習得ができるだけでなく、1回あたりの受講料も他スクールと比べ、リーズナブルな受講料になります。

10月期(10/11~3/31)の募集開始

今なら110,000円OFF

スキルに応じた特待入学割引あり

AR/VR専門家・起業家育成フルプログラム 1,100,000円 ⇒ 990,000円 110,000円お得

お申し込み締め切り:
2月28日まで

料金(税込) 早割価格 通常価格
受講料 990,000円 1,100,000円
期間 6ヵ月
1回あたりの受講料 約8,609円 約9,565円
1時間あたりの受講料 約1,721円 約1,913円
受講料(税込) 1,100,000円
期間 6ヵ月
1回あたりの受講料 約9,565円
1時間あたりの受講料 約1,913円
お支払い方法:銀行振込/お支払い期限:合格通知後 14 日以内、またはプログラム開始日前日(土日祝の場合はその前日の営業日)のいずれか早い期日まで

※フルプログラムでは一括払いまたは前期・後期の分納もございます (その他のお支払い方法をご希望の方はご相談ください)

VRイノベーションアカデミー京都の全プログラム&コース1回あたりの授業料比較では、フルプログラムが一番リーズナブルになります。

AR/VR専門家育成フルプログラムは平日毎日授業を行なうため、AR/VR専門家を半年という短期間で輩出。週1開催のスクールと比較すると5倍速のスピードで学べます。

例えるなら車の「合宿免許」のように、短期間で密度の高いスキル習得ができるだけでなく、1回あたりの受講料も他スクールと比べ、リーズナブルな受講料になります。

入学までの流れ

まずはウェブお申し込みフォームからご応募いただき、履歴書による書類選考、面接などの選考フローに進みます。