VR/MR/ARカンファレンス

就職・転職・スキルUPに
6カ月間のAR/VR専門家・起業家
育成フルプログラム

VRイノベーションアカデミー京都

京都府とEON Reality社が全面支援

VR/MR/ARカンファレンス

VRイノベーションアカデミー京都

就職・転職・スキルUPに
6カ月間の
AR/VR専門家・起業家
育成フルプログラム

世界基準のカリキュラムと実践的なトレーニングで
AR/VR開発を徹底的に学べる

京都府とEON Reality社が全面支援

VRIA京都のカリキュラムの到達目標

即戦力となるAR/VR専門家・起業家の育成

VRIA京都のフルプログラムは、6カ月の期間で全115回の講義で、短期間で即戦力となるAR/VRエキスパートを育成します。

到達目標

  1. 産業・教育機関向けにAR/VR活用した企画・提案をすることができる
  2. ビジネス課題に応じて求められるAR/VR技術を選定することができる
  3. AR/VRを活用したプロジェクトを推進・検証することができる
  4. AR/VRソリューション・アプリケーションの開発ができる

習得目標スキル

  1. 問題解決のためのAR/VR要件定義
  2. 2D/3Dアセットのモデリング・リギング・アニメーションの制
  3. C#/Unityによるプログラミング・インタラクティブコンテンツの開発、モバイルアプリケーション開発、AR/VRデバイスへの適用
  4. 問題設定~報告・提案に至るプロセスを実践するスキルと、プロジェクトに最適な管理方法の検討、運用、マネジメントスキル

今、AR/VR専門家スキルを身に付ける3つのメリット

01

海外の求人需要動向に見る
将来性

2019年 米国における
求人需要

前年比 1,400up!

出典:VentureBeat (2020/2/11 付)
https://venturebeat.com/2020/02/11/hired-ar-vr-engineers-replace-blockchain-programmers-as-a-hot-commodity/

02

国内ゲーム業界も
VRスキルの需要が高い!

日本国内ゲーム開発者
プラットフォーム別・平均年収:
平均年収 が他媒体と比べて
平均 100万円 高い!
出典:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CEDEC 2014~2019)
http://cedec.cesa.or.jp/2019/outline/enquete.html

03

今後の活用が見込まれる
産業分野

AR/VR世界市場予測
2018年から2023年にかけて

市場成長率
年間平均 78.3up!

出典:IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社
Worldwide Semiannual Augmented and Virtual Reality Spending Guide 2018H2

市場急上昇の裏で、先端ITエンジニアが不足し人材価値はますます高まっていきます。
VRイノベーションアカデミー京都は、その人材ニーズに応えるための学校であり、
すべての分野に精通するAR/VRエキスパートを育成するための最先端の教育機関です。

ゲーム・アニメだけじゃない!AR/VRは様々な分野で活用

製造、産業、医療・ヘルスケア、エネルギー、航空・宇宙開発など
世界では多岐にわたりAR/VRを導入

世界のAR/VR市場で高い伸びが期待されている分野は金融(CAGR※は133.9%)とインフラ(同122.8%)で、製造や公共がこれに続きます。

企業での訓練・研修でAR/VRを活用したり、製造業の組み立てや公共分野(水道・ガスなど)の工事作業をARで支援したりという用途が伸びるとみられています。このような企業での利用が支出額の伸びを牽引し、現在人気のゲームや映像鑑賞など、一般消費者利用(CAGR52.2%)よりも多く活用されるようになることが見込まれています。

※CAGR…2018年から2023年にかけての年間平均成長率( Compound Annual Growth Rate)―Worldwide Semiannual Augmented and Virtual Reality Spending Guide 2018H2,IDC Japanより

AR/VRとは?

AR(Augmented Reality:拡張現実)

現実世界にCGなどで作るデジタル情報を重ねる技術です。VRと違い、ARはあくまで「現実世界が主体」で、場所・空間に依存する技術です。

VR(Virtual Reality:仮想現実)

ディスプレイに映し出された、CGや360度写真や動画などの「仮想世界」に、自分が実際にいるような没入感のある体験ができる技術です。

VRIA京都を選ぶ
3つの理由

世界で活躍するAR/VRエキスパートから
AR/VRの最先端技術を学べる

01

VRIAのトレーニングスタッフには、業界で最も有名なエキスパートが集まっています。産業、教育、エンターテインメント、どの業界で働きたいかに関わらず、AR(拡張現実)およびVR(仮想現実)のトレーニングの分野でのベストを学ぶことができます。

MARCIN KASICA

TRAINING DIRECTOR
機械エンジニアおよびグローバル教育とトレーニングのディレクター

ADAM BLADOWSKI

TRAINING COORDINATOR
ゲーム開発者、3Dコンピュータグラフィックスの専門家、グローバルトレーニングコーディネーター

JAMIE JUSTICE

TRAINING
芸術と教育のマスターであり、米国の教育とグローバルイノベーションのディレクター

VRイノベーションアカデミーには他にもたくさんのエキスパートがいます。
VRIA京都では、その中から講義内容に応じて講師をバトンタッチしながら、逐次通訳をしながらリモートで講義を行う予定です。
お楽しみに!

全産業分野に通ずるAR/VRの
エキスパートになれる

02

AR/VR開発20年の経験に基づく世界基準のカリキュラム

▼ VRIA京都がカバーするカリキュラムの範囲

EON Reality社がAR/VR分野での20年間の経験に基づき開発した、拡張可能なAR/VR開発プロセスの全分野を網羅している世界基準のカリキュラムを使用します。

カリキュラムは多くの有名大学や一流学術機関で使用されており、エクソンモービル、グラクソ・スミスクライン、ジェネラル・エレクトリックのような大手企業向けのARおよびVRの開発で使用されるプロセスと方法論も含まれます。

ジェネラリストのスキルも学べ、より体系的・総合的な学習が可能です。

就職サポートも充実!
卒業後の活躍も親身にサポート!

03

クロスリアリティのグループ会社・株式会社エスユーエスによる就職サポート体制

人材育成のプロフェッショナル、株式会社エスユーエスのグループ全面支援で就職までサポートさせていただきます。

皆様それぞれの将来設計に寄り添って相談をお受けします。

全国どこからでもオンラインで受講ができます

京都太秦のハイスペックPCを利用した教室受講 or ご自身のPCでオンライン受講、その日のご都合に合わせてハイブリッドな受講も可能です

世界基準のカリキュラムが自宅でも受講できるサポート体制

Slackでサポート

講師と受講生皆様とのコミュニケーションツールにSlackを利用しますので、授業時以外でもQ&A等が可能です。

授業のライブ配信とアーカイブ

講義はリアルタイム録画され、授業中、授業後のどちらでもご視聴いただけます。復習時や欠席時に活用ください。

PC環境サポート

ご自宅等での受講時のPCスペック要件はこちら。ご質問や不明点はお気軽にお問い合わせください。

英語の逐次通訳

講師は世界各国のAR/VR専門家および現役開発者。弊社スタッフによる逐次通訳もありますが、英語の勉強にも役立ちます。

教室以外で受講時のPCスペック要件

要件必須条件推奨条件
OSWindows 10
CPUインテル Core i5インテル Core i7~
メモリ8GB32GB
ハードディスク空き容量300 GB, HDDまたはSSD1TB, HDDまたはSSD推奨
グラフィックカードNVIDIA GTX 670(with 2GB RAM)~GTX 970NVIDIA GeForce RTX 2070
モニター解像度:1920×1080解像度:1920×1080
デュアルディスプレイ
周辺機器マイク・ウェブカメラマイク・ウェブカメラ(HD推奨)

VRIA京都 太秦・東映京都撮影所内の教室

ソーシャルディスタンスを考慮した定員数の縮小や、撮影所正門でのサーモグラフィによる検温など、新型コロナ対策も万全に整え、皆様が安全に受講できるよう準備しております。

VRIA京都 ショールーム

最先端のVR設備を体感できる施設
最新のAR/VRデバイス機器も入荷しており、受講生の皆様のデモ体験も可能です。

食堂

東映撮影所の社員食堂が利用可能。
安価で美味しい定食(290円)が人気です♪

入学までの流れ

まずはウェブお申し込みフォームからご応募いただき、履歴書による書類選考、面接などの選考フローに進みます。